2010年10月10日

企画の概要が見えてきました

Photomemo
お昼を食べ終わる頃、大久保宮司さんが残りの「月刊たあみなる新宿」を出してきてくれました。1980年(昭和55年)に創刊され、3年つづいたそうです。今日はこれらをじっくり下調べするのに費やされそうです
244119


Photomemo
「ほとんど病気のあなたへ」(月刊たあみなる新宿26号)
244127


Photomemo
「マリカの教養講座 国際的女スパイになるためにはの巻」(月刊たあみなる新宿26号)
244134


Photomemo
「たあみなる新宿」を読んでいると宮司さんのお母さんが集めた銀杏を洗い終えて一休み。かつてここ稲荷鬼王神社のまわりにはたくさん銀杏の木があって、ものすごく銀杏がとれ、周辺の農家の米と物々交換していたんだそうです
244152


Photomemo
「マリカの教養講座Lesson8教授好みの学生になるにはの巻」
244159


Photomemo
マリカさん「街の友達」に出演(月刊たあみなる新宿10号)。ますます気になる。ほとんどもうファンです
244161


Photomemo
気づくとすっかり辺りは暗くなっていた、という一日でしたが、大久保宮司さんが氏子さんであり「たあみなる新宿」発行人でもあった植木さんから譲り受けたこの3年分の「たあみなる新宿」を今回、稲荷鬼王神社境内での展示「昭和の時代展」の特別企画として展示するにあたり、創刊号から3号までをそれぞれ1枚のパネルにし、このほかに表紙だけ30冊分並べたパネル、そして企画の「表紙」ともいうべきポスターの合計5枚のパネルを展示するということで方向性が決まりました。
244313


Photomemo
これがいちおうの展示設計図。でもやりながらですね
244328


Photomemo
大久保宮司さんと表紙のカラーコピーをとりに出かけます
244347


Photomemo
ということで1枚目のパネルは「月刊たあみなる新宿」すべての表紙をカラーコピーしたもの
244370


Photomemo
とりあえず企画のだいたいの内容が見えてきたました。コミュニティアート・ふなばしの下山理事長と合流し、さらに内容詰めるため、歌舞伎町の風をナマで感じようとみんなで食事に出かけます
244383







posted by terminal2010 at 15:50| Comment(0) | たあみなる2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。